意識を変えるだけでストレスを遠ざけられる!?まずは自分を知ることが大事



ストレスを自覚すれば対策が容易に

ストレス解消を最適化させるためには、自身のストレスに気づくことが大切です。ストレスがないと感じている人も、実際は多少のストレスを抱えています。軽度のストレスに気づけないのはよくあることですが、重度のストレスを認識できない状態は問題があります。特に自分に無理をしすぎる人、完璧主義の人などは自分を追い込みがちなので注意してください。ストレス解消においては、自分の変化に気づくことがポイントになります。理由もなくイライラする、食欲が明らかに低下している、睡眠の質が悪くなってきた、などはよくある変化です。心身の状態だけでなく、日常の行動に変化が生じてきた場合も注意する必要があるわけです。早めの段階で対応するほど、ストレス解消は容易になります。

ストレス耐性を上げることも考えよう

ストレスから完璧に逃げることはできません。人との関わりを避けられない以上、対人ストレスは多かれ少なかれ発生します。例えば、仕事のミスを上司から責められた、友人から借りたお金を返済できずに関係が劣悪になった、出産を機に夫婦仲が悪くなってしまった、などなど。対人ストレスを上手に解消するには、よい意味でずぼらな性格になることです。神経質な人や完璧主義の人などは、必要以上に周りを気にするので心労を生んでしまいます。細かいことは気にしない性格に変われば、ストレス耐性を高められるでしょう。心身が感じるストレスを減らせば減らすほど、解消するべきストレスも減るのは間違いありません。過ぎ去ってしまった問題やトラブルに関しても、引きずらないように意識してください。

品川の心療内科は品川駅の東側に多く、駅から歩いてすぐの場所にも複数あります。夜7時以降まで開院する所も多く、仕事帰りのサラリーマンでも通院し易い環境が整っています。